非正規雇用でも大丈夫!キャッシングランキング

非正規雇用でもキャッシングしたい

一昔前までは、正社員になって終身雇用されることが当然のように考えられていましたが、最近では、正社員のほかにも、派遣やバイト、パートといったさまざまな働き方が出てきています。正社員でなければ、時間の融通はしやすいものの、どうしても収入が不安定になってしまいます。

 

では、バイトや派遣の仕事で生活していても、緊急に資金が必要な際にキャッシングを利用できるのでしょうか。収入が不安定だからこそキャッシングが頼りになる可能性も高く、重要な問題です。

 

例:土日キャッシング

 

多くの消費者金融では、「定期収入があること」が融資の条件として示されています。はたしてこの「定期的な収入」に、アルバイト収入や派遣社員としてもらう給与が含まれるのでしょうか。確かに継続的にアルバイトをしていれば定期的な収入を得ていることになり増すが、突然クビになる確率がより高いのは、アルバイトのほうです。代表的な消費者金融であるアコムのケースで考えてみましょう。

 

非正規キャッシング
アコムでキャッシングの申し込みをする際、雇用形態について質問されることはありません、重要視されるのは、申し込み用紙に記載した勤務先に本当に利用者が勤務している実態があるのかどうかです。したがって、たとえ雇用形態がアルバイトであろうが、正社員であろうが、勤務している実態が会社に確認できれば問題ありません。

 

具体的な確認方法としては、会社に電話をかけて申込者がいるかどうかを尋ねる方法がとられているようです。

 

だからといって、この方法を悪用し、自分自身の電話を会社であるかのように見せかけ、会社に在籍しているフリをして審査を通過しようとすることはやってはダメです。こうした違法な行為が発覚すると、借り入れが認められないどころか、犯罪として罰せられることもあるので気をつけましょう。